外国人の就労ビザについて

就労ビザですが基本は28種類に区分された日本のお仕事に従事して貰うために外国籍の方が取得するビザを就労ビザと呼びます。もちろん28種に該当されていないお仕事も存在し、該当しないお仕事に就くことはできない決まりになっています。

ですがこのビザには例外がありまして、日本への永住権を認められている人や定住者であれば日本が定めている28種のお仕事以外に定着しても良いことが認められています。

また、就労ビザは日本に入国する上で一時検査のための件査証ですのでこの就労ビザを入手できたからと言って日本の企業がすぐにでも外国籍の方を雇用するわけでは無いのです。

外国籍の方の雇用には、就労ビザともう一つ在留資格証明書が必要になります。この証明書は主に日本語を喋ることができる他に、業務で使用する技術力の度合いを記載している証明書です。

つまり、どのような技術を持っており、企業で働く際に企業のお役に立つことができるかを量る目安となります。企業側が外国籍の方の就労をサポートする場合、企業側が在留資格認定証明書を申請し、外国籍の従業員となる方が就労ビザを申請するという手法があります。

この方式ですと既に日本にいる外国人を引き抜き従業員として働いてもらう際の審査を簡略化できるという利点があります。

ただし、在留資格だけを取得している外国籍の方を雇うことは不可能で修了ビザも必要になりますので、就労ビザの申請を外国籍の方が行わないと企業側は従業員として、外国籍の方を引き抜くことは出来ないという仕組みです。

タイトルとURLをコピーしました