ニキビの悩みを食事と運動で改善

私は以前、顔に出来たニキビが酷くて悩んでいました。ニキビのせいで人目が気になりましたし、自分にも自信を持つことが出来ませんでした。また鏡に映る自分の顔を見るたびに憂鬱な気分になりました。そんな自分が嫌になって、様々な体質改善をしてみました。

くすりエクスプレス公式サイトのにきび役を買う前にまずは体に良い食べ物を摂るように心掛けました。ハンバーガーなどのファーストフードは止めて、出来るだけ野菜を使った料理を作って食べるようにしました。色々と試しましたが、色んな野菜をカットして煮込んだスープが一番、簡単に様々な種類の野菜を摂ることが出来て良さそうでした。玉ねぎ、にんじん、カボチャ、セロリなど定番の野菜や、その時の旬の野菜を一緒に煮込んだスープは体に優しくて、お通じも良くなりました。そしてそれはニキビを減らすことに役に立ったと思います。

次に私は体を動かすことを始めました。ウォーキングをしたり、ヨガのクラスに通ったり、ジムで走ったりして、身体を動かして汗をかくように心掛けました。体を動かすと気持ちもスッキリして心地良かったですし、汗をかくことによってニキビを減らすことに役に立ったと思います。そして汗をかいた後には必ず、洗顔して顔を清潔に保つことも忘れないようにしました。
これからのことによって、私のニキビへの悩みは無くなりました。

いつも鼻。私のニキビはいつも鼻にできます。そしてそのニキビは、日常生活のバランスが崩れたときにできます。課題に追われて睡眠不足が続いたとき、恋人と喧嘩してむしゃくしゃして、甘いものを食べすぎたとき。ちょっとしたハプニングが日常生活のバランスを崩したとき、ストレスがかたちとなって現れる、それが鼻の上のニキビなのです。私は小さい頃から肌が白く、乾燥しやすい肌質でありますが、ニギビ、シミがなく肌が綺麗だね、と言われてきました。そして、20歳になった今でも、それは変わりません。

そんな私の鼻にニキビが現れた時はもう大変。私だけではなく、母も妹も友達も大丈夫?いやいや、だいじょばないから。

そうやってストレスのかたちとなり現れたニキビを治すためにすることはおもに2つです。
1つ目は睡眠時間をたっぷりとる。これもただ長時間なればいいってわけではなく、夜10:00には必ずお布団に入りお肌のゴールデンタイムには必ず睡眠状態に入るように心がけています。

2つ目はお菓子を食べることをやめて、果物をとるようにする。お菓子の食べ過ぎで現れたニキビを対処するのにはお菓子を我慢するほかありませんからね。

この2つを気をつけると、だいたい早くて3日、遅くとも7日でニキビは消えます。

タイトルとURLをコピーしました