タクシードライバーに転職したい

私は営業の仕事で神経をすり減らしていますが、外回りの最中にタクシーの運転手さんと会話するなかで、タクシードライバーへの転職もありだなと思いました。

上司との同行訪問で客先に訪問した際に営業トークなどで駄目だしをされ、上司とは途中で分かれて別の客先に向かう際にタクシーを利用したのですが、その際にタクシーの運転手さんも前職は営業職であることから話が弾みました。年齢は30代後半ほどで、5年ほど前に転職されたそうですが、前職の営業職では販売ノルマも苛烈で達成できない場合は週明けの会議で毎回つるし上げを食らっていたそうです。結局精神的に病んでしまう形で会社を辞めたそうなのですが、資格や実績もなかったので転職活動をしてもなかなか採用されなかったそうです。

そんな中で東京都のおすすめタクシー求人情報を見つけて応募したところ、無事採用されたそうです。未経験でしたがタクシー業界も人で不足なようで研修もしっかりと行ってくれたそうです。

運転手さんの話ではノルマはまったくないわけではないそうですが、インセンティブ給与であり、しっかり稼がないと自分が困るだけなので上司から厳しく叱責されたり、営業会議でつるし上げられることもないので今の仕事は幸せだと話していたのが印象的でした。最初はタクシー運転手に対して偏見のようなものもあったそうですが、仕事をこなしていくうちになくなったとのことです。

この話を私は聞いて「タクシー運転手に転職するのもありだな・・・」と感じました。精神を病んでしまいやめてしまう社員は私の職場にも何人か知っていますし、先輩社員も急に会社に来なくなってしまうこともありました。

学生時代にはタクシー運転手をどこか蔑んでいる自分がいましたが、今の時代はそんなどうでもプライドよりも一人一人が自分に合った仕事に就いて幸せに暮らすことが大切なのではないかと思います。

もちろんタクシー運転手が楽な仕事ということではなく実際にはつらいことや逃げ出したくなることもあると思います。しかし、現在の営業職で精神を病んでしまうような状態になるまで働くよりは良いのでは・・・と強く感じるのでした。最近は若いタクシー運転手の方も見かけるようになったのでこういった考え方をする方も増えているのではないのでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました