友達の旦那さんの転職話

今日は仕事の後、偶然友達に会いました。彼女も予定が無かった為、突然夕食を一緒に取る事になりました。私はたまたま残業が早く終わったのですが、彼女にも時間が有ってラッキーでした。彼女とは約10年振りで、とても懐かしく楽しかったのですが、それだけではなくとても有益な話を聞きました。

彼女は7年前に結婚したのですが、その2年後に旦那さんがいきなり会社を辞めて、タクシー会社に転職をする、と言い出したらしいのです。その時はまだ新婚と言って良い状態で、彼女は会社を辞めてタクシー?と凄くビックリしたそうです。彼女の中には、タクシー運転手ってすごく大変そう、というイメージしかなかったからです。しかし彼の意思は固く、中堅企業である会社に辞表を出し転職をしたのです。

ところがタクシー会社勤務が始まってみると、彼は今までよりも自由な時間がずっと多くなり、給料も徐々に増え、そして彼女が一番驚いたのは、彼がどこか明るくなり、余裕が出来た事でした。前の会社では、厳しいノルマや上司からのプレッシャーも沢山有り、疲れて帰ってくる日が多かったのです。タクシー運転手も先輩ドライバーやオフィス勤務の方は居ますが、始終一緒に居る訳ではないのでとても気楽な関係なのです。そんな感じで、彼は以前よりものびのび仕事が出来るようになりました。

タクシー会社には多いらしいのですが、その会社も完全歩合制の給料体系を取っていて、働けば働く程お金が入ります。タクシードライバーは夜勤で稼げる魅力の仕事だそうです。彼は自分のペースでストレスなく働いているのですが、自然と給料が上がって行き、経済面でも前の会社に居た時より余裕がある生活が出来ているそうです。時には面倒なお客様もいらっしゃるらしいのですが、そんな話も後で思い出すと面白く、また、それとは反対に、とても良いお客様もいらっしゃるので、この点でもマイナス面よりもプラス面が多いのです。
実は、彼にはタクシー会社に転職をした先輩が居て、その人からタクシー運転手についてのメリットを沢山聞いていたのです。そして彼は元の会社生活よりもずっと良い生活になると確信し、タクシー会社への転職を決めたのです。

彼は、行く行くは自分でカフェを開きたいという夢もあるのですが、今はとにかくタクシー運転手として頑張って居るそうです。彼女は勝手に作ったイメージで、タクシー運転手の仕事はきつ過ぎると思っていましたが、間違った思い込みだと気が付きました。そして今は彼と一緒に居られる時間も長くなり、まだまだ新婚状態の楽しい生活が続いているそうです。

話を聞いてとても羨ましくなりました。私は今、派遣会社で働いていますが、車の運転はかなり好きだし、今の契約が終わったらタクシー運転手という道も有りかな、と密かに思いました。

タイトルとURLをコピーしました