パパ活でお金を貯めて留学資金にしました

私がパパ活を始めたのは貯金をしたかったからです。奨学金で大学に進学し、毎日バイトと学校の往復でした。バイトはほぼ毎日のように入っていましたが、ほとんどが奨学金返済に消えていくのでなかなかお金がたまりませんでした。
そんな時に知ったのがパパ活でした。周りにも何人かパパ活をしている友人がいて、良いパパと出会えればたくさんお金がもらえると聞きました。私の中でパパ活はキャバクラと同じイメージだったのですが、それよりも割りがいいし不特定多数を相手にしなくて良いから楽だということがわかりました。お小遣い稼ぎに調度いいということで、私も始めてみることにしました。
パパ活のやり方は簡単で、出会い系のアプリで簡単に探すことができました。中には体目当ての人もいるので気をつけなければなりません。私はパパ活をしながら本当に見つかるのかなと半信半疑でした。
パパ活をはじめて2週間ほどで、一人の男性から連絡がきました。自由な時間は限られているが、良ければ一緒に過ごしてください、というような内容でした。年齢は40代後半で、医療関係の仕事をしているとの事でした。
その人が指定した条件は、食事をしたり映画鑑賞をしたりする相手が欲しいとの事で、会う度に3万円支払うという事でした。そしてお互いのプライバシーを守るというのも条件の一つでした。私はドキドキしながら返信をし、そこから少しずつ距離を縮めていきました。
初めて会うとなった時はすごく緊張しましたが、とても気さくで良い人だったので直ぐに打ち解ける事ができました。私は容姿に自信がなかったのですが、彼は容姿を重視せず一緒にいて安らげるかどうかが大切だと言ってくれました。
会う度にお小遣いをもらえるので、バイト日数を減らしても貯金ができるほど生活が潤いました。私は出来る限り貯金をし、夢だった海外留学の資金も最終的には叶えられました。
パパ活に批判的な意見もありますが、私はパパ活をして本当に良かったと思います。彼も私と出会って生活にハリが出るようになったと喜んでいましたし、私も諦めていた夢を叶えることができました。
私の友達もパパ活をしている子がたくさんいて、パパの扱い方を覚えて高級ホテルの商談に秘書代わりに呼ばれた話など面白いお話もよく聞きます。お互いを高め合える関係を築くことができれば双方にメリットがってて本当に良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました